笑う赤ちゃん

ほのかに香る

赤ちゃんの乾燥を防ぐために、ボティクリームを使用しますが、普段使っているボティクリームだと、香りが強過ぎる場合があります。

赤ちゃんによっては、臭いに敏感な子もいるため、ボディクリームの香りで体調を悪くさせることがあります。

このような場合には、赤ちゃん向けクリームが最適です。
繊細な赤ちゃんの肌をしっかり保湿できるだけでなく、ほのかに香るため、リッラクスしながら使うことができます。

マッサージすることで

多くのお母さんが赤ちゃんの乾燥を防ぐために、ボティケアを行いますが、保湿と一緒にマッサージさせることが大切です。
赤ちゃんとスキンシップが取れるだけでなく、血行も良くできると話題になっています。

詳細を確認する

ベビーオイルには

赤ちゃんの乾燥に使えると有名なものには、ベビーオイルがあります。
人によっては、オイルのベタつき感がイヤで使いにくいようなイメージがありますが、滑らかな肌に生まれ変わらせることができます。

詳細を確認する

乾燥しやすいおしり

赤ちゃんのお肌の中でも、特に乾燥しやすい部分にはおしりがあります。
毎日オムツを使っているため、カブれたりムレやすくなるパーツですが、入念に保湿を行うことできれいなおしりをキープできます。

詳細を確認する

化粧水なら使える

乾燥を防ぐ保湿方法で大切なスキンケアには、化粧水があります。
一般的に、大人向け商品しか販売されてない印象ですが、赤ちゃん向けの化粧水もあるため、顔や全身に使えます。

詳細を確認する

オーガニック化粧品もある

自然成分で作られていることで有名な化粧品には、オーガニック化粧品があります。
化学成分が一切使われてないため、敏感・乾燥肌や赤ちゃんにも使えると話題になっています。

詳細を確認する

生ぬるい水で洗おう

多くのママが、赤ちゃんの顔を洗顔石鹸で洗っていると言われていますが、間違ったやり方です。
必要異常に保湿成分を与えると荒れるため、赤ちゃんの肌は、生ぬるい水で優しく洗うことが大切です。

詳細を確認する

出先でも使える

多くの人が、保湿ケアは自宅で行うものだと思っていますが、赤ちゃんの場合、乾燥が酷いため、出先でも使えるケアアイテムを使用することが大切です。
このため、赤ちゃん向けケア用品に、小型サイズが販売されたことで人気を集めています。

詳細を確認する